家族で話そう! 特殊詐欺ゼロキャンペーン

群馬県内のマスコミ3社、
初の共同社会キャンペーン
"みて・きいて・よんで"
家族で話そう!
特殊詐欺ゼロキャンペーンを実施中です。

毎年10月11日~20日までの10日間は「全国地域安全運動」と定めて、各地の防犯協会や防犯ボランティア団体とともに、地域安全活動の強化を行っています。

そこで、「群馬テレビ、エフエム群馬、上毛新聞社」のマスコミ3社は、いまなお減らない特殊詐欺をなくすため、キャンペーンを展開します。

群馬県警の発表資料によると、特殊詐欺の被害者は、65歳以上の方が約80%と高い割合を占めています。
"みて・きいて・よんで"家族で話そう!特殊詐欺ゼロキャンペーンは、テレビを見て、ラジオを聞いて、新聞を読んだ際に、家族で考えていただくために行うものです。

各社の取り組み

群馬テレビ

  • 10月11日(水)のひるポチッ!のファックステーマを「振り込め詐欺撲滅」に設定し、番組内で取り上げます。
  • 10月11日(水)、13日(金)、16日(月)、18日(水)、20日(金)のニュースeye8にてキャンペーンの告知を行います。

エフエム群馬

  • キャンペーン期間内の「WAI WAI Groovin'」、「G★FORCE」、「ユウガチャ!」にて特集を実施。
  • キャンペーン期間中、特殊詐欺の防止をテーマにしたキャンペーンCMを実施。

上毛新聞社

  • 10月11日(水)の朝刊にキャンペーンについての広告が掲載されます。
  • 10月13日(金)、15日(日)、17日(火)、20日(金)の社会面に特殊詐欺撲滅の広告が掲載されます。

協賛

協賛:NTT東日本、共愛学園、群馬銀行、群馬県信用組合協会、群馬県信用保証協会、群馬セキスイハイム、群馬トヨペット、JR東日本、JAバンク群馬、しののめ信用金庫、sonia、トヨタカローラ群馬、ネッツトヨタ群馬、FRESSAY、ユーコム、ろうきん、和奏建設。
ページのトップへ