• HOME
  • GTVニュース
  • 天気情報
  • アナウンサーの部屋
  • イベント・後援情報
  • 営業案内
  • ご意見・ご感想
  • 番組表
  • ニュース・情報
  • 音楽
  • バラエティ
  • アニメ
  • スポーツ
  • ドラマ
  • 教養・旅
HOME > 番組情報:教養・旅 > 技に迫る

教養・旅

インデックスへ戻る

関連番組ピックアップ

ビジネスジャーナル

ビジネスジャーナル

金曜日 22:00〜22:30
日曜日 9:00〜9:30(再)
火曜日 12:30〜13:00(再)
県内経済の動向、最新企業情報をタイムリーに徹底リポート。毎週「コメンテーター」が県内ビジネスのトレンドをわかりやすく解説します。
番組詳細はこちら >>



技に迫る

県内各地でさまざまな道に精進する職人や名工を紹介します。
■自社制作番組

放送内容

「左官人 長谷川博史」
■放送日:2016年8月31日(水)  ■再放送日:2016年9月7日(水)

伊勢崎市の左官職人、長谷川博史さん。33歳で独立し、自宅前に「左官工房 長谷川」を設立。

モルタル加工の擬木など、古くからの左官の技法を大切にしつつ常に新しいものを研究し生み出しています。

そんな中、和紙のような透明感のある美しい壁『和紙壁』ができあがりました。

材料などにこだわり、施工法など研究を重ね完成させた左官人の魂の込められた群馬らしい壁です。

「テキスタイルデザイン 寺村サチコ」
■放送日:2016年6月29日(水)  ■再放送日:2016年7月6日(水)

兵庫県赤穂市出身で、現在、桐生市で制作活動に励む、テキスタイルデザイナー・寺村サチコさん。

寺村さんは、「布」に魅了され、一枚の布が立体的になること、そして、その布の面白さを多くの人に知ってもらいたいと

布を使ったオブジェの制作に取り組んでいます。今回は、オブジェが出来るまでの工程と代表作の紹介を通して

テキスタイルデザイナー・寺村サチコさんに迫ります。

「 精進料理 高梨尚之 」
■放送日:2016年5月25日(水)  ■再放送日:2016年6月1日(水)

鎌倉時代から約800年にわたって曹洞宗に伝わる精進料理。研究家で料理人でもある永福寺(沼田市)住職の

高梨尚之(しょうし)さんに、一汁五菜のお膳を作っていただきながら、その過程で「手間を惜しまない」「食材に感謝する」

といった精進料理の深い世界を少しだけ覗かせていただきます。

「 継承する伝統の味 〜七味唐がらし・和風絹しゅうまい〜 」
■放送日:2016年4月27日(水)  ■再放送日:2016年5月4日(水)

残すべき職人の伝統の技、そして味。

冨岡市で明治29年創業の「吉田七味店」と、世界遺産・富岡製糸場と同じ頃に創業した旅館が平成元年にしゅうまい専門店になった「信州屋」。人気の両店で、将来家業を継ぐべく奮闘する2人の若者に迫ります。

「 注文紳士服の世界(都丸洋服店) 」
■放送日:2016年1月27日(水)  ■再放送日:2016年2月3日(水)

スーツは昔、着る人の体型に合わせて作られる“オーダースーツ”が一般的でした。近年手頃な価格の既製品が広く流通するようになりましたが、今でも「オーダースーツを着ることが大人の嗜み」という人は少なくありません。

前橋市にある創業75年の都丸洋服店は、一つの店の中で採寸から裁断・縫製までをおこなう、今では数少なくなった注文紳士服専門店です。今回都丸洋服店さんにご協力いただき、職人さんたちの技でオーダースーツが出来上がるまでを追いかけました。

「 尺八製管師 木村莞山 」
■放送日:2015年12月30日(水)  ■再放送日:2016年1月6日(水)

尺八は竹の根に近い部分で作った縦笛で、かつては大陸から渡来したもの、といわれていますが、日本独自に発展した楽器です。その構造はシンプル極まりなく、製造者の技量が直接音色と演奏に反映される、といわれています。尺八製管師である木村莞斎さんは、演奏家でもあります。 一流の人たちに吹いてもらえるものを作るには、 自分もそれなりに吹けなければいけないと 言う信念の基に、日夜製作に励んでいます。父から学んだ技術と共に、魂を尺八に込める、木村さんの技と心に迫ります。

「 刀工 高橋恒厳 」
■放送日:2015年11月25日(水)  ■再放送日:2015年12月2日(水)

もともとは武器である日本刀は、現在は鑑賞のための美術品として鑑賞の対象となっています。「鉄の芸術品」と呼ばれ、最近では海外でも人気を博し、アニメやゲームを通じて、若者たちにもブームが広がっています。その魅力は幅広く、無駄のない造形、鉄の表面に現れる文様の美しさ、信仰の対象や権威の象徴ともなるなど、その魅力は多面的で、日本人の精神性のバックボーンにしっかりと根付いています。高橋恒厳さんは、今年2015年県勢では23年ぶりに「日本美術刀剣保存協会」主催の「新作名刀展」で特賞を受賞しました。新進気鋭の若き刀工の技と心に迫ります。

「 ウェディングドレス職人 古川圭子 」
■放送日:2015年09月30日(水)  ■再放送日:2015年10月07日(水)
ウエディングドレスは、1回しか着ないこともあってレンタルで済ますことも多く、そもそも「オーダーメイド」という感覚はありませんでした。古川圭子さんは「世界で一つしかないオリジナルドレス」を標榜。お客の要望を丹念に聞きながら、完全フルオーダーメイドのドレスを作りあげます。要望の仕方は様々で、写真1枚や雑誌のグラビアを見て「これと同じものを」という要望の時もあるとか。「いかにお客さんとのコミュニケーションを上手く取りながら、イメージを形にしていくかが勝負」 という古川さんの職人技に密着します。
「 バーテンダー 宍戸政子 」
■放送日:2015年08月26日(水)  ■再放送日:2015年09月02日(水)
バーテンダーは広義には、『バーなどでお客様にお酒を振る舞うことを仕事とする者』のこと。多種のアルコールとシェイカーを駆使して、美味しくて綺麗なカクテルを作り出すほか、時にジャグラーのように派手なパフォーマンスを披露したりすることもバーテンダーの仕事。また、お酒を提供するだけでなく、お客様の話し相手になったり、立ち振る舞い、言葉遣いや会話の作法などにも基準があり、単にセンスだけでなく技術が求められます。 バーテンダーの技術は他に、飲料の分量を均等に分ける技術、味わい、バランス、色合い、立ち振る舞いや服装、フルーツカットの技術、オリジナルカクテルのネーミング…など多岐にわたります。今回はキャリア30年以上の大ベテランに、バーテンダーの仕事の基本技術を披露していただきます。
「 フローリスト 川久保紀子 
■放送日:2015年04月29日(水)  ■再放送日:2015年05月06日(水)
英国最古のフラワーアレンジメントスクール『コンスタンス・スプライ・フラワースクール』
日本校で基礎を学んだ川久保さん。
その技術は高く評価され、英国大使館で開かれるクィーンズパーティーの装飾も長年手がけてきました。
今回は英国スタイルの技を見せていただきながら、そのパーティー装飾を再現してもらいます。
「 桐生横振刺繍 佐藤京子 」
■放送日:2015年03月25日(水)  ■再放送日:2015年04月01日(水)
豪華な振袖や打掛に施されている刺繍。その多くはミシン刺繍で、「横振りミシン」と呼ばれる特殊なミシンがよく使われています。横振り刺繍の職人さんは、桐生市をはじめ近隣の市町で制作されていて、統一商標として「桐生横振刺繍」と呼ばれています。桐生横振刺繍の職人として40年のキャリアを持つ伝統工芸士・佐藤京子さんに横振りミシン・横振刺繍の解説をいただきながら、瑞々しい動植物を刺繍する佐藤さんの技に迫ります。
「 アーカイブ2 〜残したい山村の民具〜 」
■放送日:2015年02月25日(水)  ■再放送日:2015年03月04日(水)

三方を山々に囲まれた群馬県。その山間部のその地形と気象条件によって、そこに暮らす人々にとって、厳しい生活環境でした。しかし、雪に閉ざされた農閑期には、様々な民具を作り、生活の糧として、また、自らの農村の生活に役立ててきました。そしてその伝統の技術は、今も県内各地で脈々と受け継がれています。「技に迫る」250回以上にわたるライブラリーの中から、今回はとくに山村の生活のための道具、民具をいくつか振り返ってみます。

「 桐生織を支える職人たちA デザインから織物ができるまで(桐生市) 」
■放送日:2015年01月28日(水)  ■再放送日:2015年02月04日(水)

前月に引き続き、桐生織シリーズの第2弾。今回はデザインの工程から、紋紙づくり、さらに実際の織の作業から仕上げまで、織物ができるまでを追います。

「 桐生織を支える職人たち@ 生糸から意匠まで(桐生市) 」
■放送日:2014年12月31日(水)  ■再放送日:2015年1月7日(水)
 全国にその名を轟かした養蚕県・ぐんま、そして「富岡製糸場」に代表される群馬の製糸業、それを集約した繊維産業の一大集積地が「西の西陣、東の桐生」と呼ばれた桐生です。その桐生において伝統的な技法を基に生産される絹の織物は「桐生織」と呼ばれ、「伊勢崎銘仙」とともに国の伝統工芸品にも指定されています。
 多種多様な製品として生産される「桐生織」の製造は、15もの工程に細分化され、それぞれ専門分野の職人たちが、古くは江戸時代から脈々と受け継がれてきた技術で、「桐生織」の生産を支えています。
 番組では「織都1300年」記念に沸く桐生の伝統産業を支える職人技のいくつかに焦点を当て、一大生産地・桐生ならではの伝統的な技術・技巧、そこに息づく職人の息吹きを、美しい映像とともに、2ヶ月連続でお伝えします。
ページのトップへ

Copyright (C)  群馬テレビ株式会社  All Rights Reserved.