• HOME
  • GTVニュース
  • 天気情報
  • アナウンサーの部屋
  • イベント・後援情報
  • 営業案内
  • ご意見・ご感想
  • 番組表
  • ニュース・情報
  • 音楽
  • バラエティ
  • アニメ
  • スポーツ
  • ドラマ
  • 教養・旅
HOME > 番組情報:ニュース・情報 > ぐんま!トリビア図鑑

ニュース・情報

インデックスへ戻る


ぐんま!トリビア図鑑

地域の埋もれた記憶を掘り起こしてトリビアルに紹介!
どんな土地にも年輪が刻まれ、古き良き暮らしがあったはず・・・, 大合併で地名が消え、景観さえも変化している群馬県
そこには、今残すべき遺産、そして二度と聞けなくなる証言があります。
歴史、伝統、風土、自然、そして人生…、地域の埋もれた記憶を再発見します。

レポーター
高島英里奈/笠井さやか/茂木歩/小松正英・安蒜幸紀(GTVアナウンサー)

オープニング・ナレーション

松井常松(元BOφWY)がナレーションに

初挑戦!

■自社制作番組
番組へのご意見・ご感想、地域ネタを大募集

放送内容

2016年12月6日(火)の放送内容 「 温泉ライター小暮淳の素顔!」

この番組のスーパーバイザーを務めている温泉ライターの小暮淳。

県内の温泉地を飛び回り、文字通り裸の取材でエッセイやコラムを執筆するこの男を徹底的に裸にする。
2016年11月22日(火)の放送内容 「人の名を纏う発電所・・・佐久発電所」

関水、銀色に輝くサージタンク。

群馬に住む人なら一度は目にしたことのある東京電力佐久発電所。

しかし、その発電所の名前が人の名前から来ていたと言うことを知っている人は意外と少ないはずです。

今回のぐんま!トリビア図鑑は「佐久発電所」の全貌に迫ります。

2016年11月15日(火)の放送内容 「桐生は日本のカッパどころ?!」

「桐生は日本の機どころ」ならぬ「カッパ」どころ?!

群馬県東毛地域に多くある「河童伝説」 その河童とは果たして「いいカッパ」?それとも・・・?

県内の河童をところせましと訪ね歩いていきます!

2016年11月8日(火)の放送内容 「仮説を証明!禹王碑と寺子屋」
古くから片品川の洪水氾濫に悩まされていた片品村民が建立した、禹王碑。
治水の神を祀った、その碑には篆書体による漢文が刻まれている。
今でも解読困難な、その撰文を理解解釈していた利根沼田地域の教育力を探る。
2016年11月1日(火)の放送内容 「昭和の飛行機王 中島知久平の豪邸」
戦前の航空機産業をけん引し、また政治家としても活躍した中島知久平。

彼が両親のために建てた家は、今年の夏、国の重要文化財に指定された。

その絢爛豪華な邸宅の全貌に迫る!
2016年10月18日(火)の放送内容 「球都 桐生」

絹織物の産地として有名な桐生市。

昔からこの地は 「織都 桐生」と呼ばれていますが、じつは桐生にはもう一つ別の通称があります。

その名も 「球都 桐生」  今回はその球都のルーツにせまります。

2016年10月11日(火)の放送内容 「館林市の石垣は今どこに?!」

東毛の城下町、館林市。かつてのお城の面影は復元された土橋門と土塁の一部がうかがえるだけ。

お城の象徴ともいえる、長いお濠に使われていた石垣の石は今どこに?

今回は、その石垣の数奇な運命にスポットを当てる!

2016年10月4日(火)の放送内容 「相川考古館」

伊勢崎市の市街地に残る江戸時代に建てられた重厚な家屋、相川考古館。

そこには埴輪などの貴重な収蔵品が納められている。

その中にはなんと国の重要文化財も・・・!

2016年9月20日(火)の放送内容 「下仁田戦争〜今 明かされる幕末の激戦〜」

風雲 急を告げる幕末。元治元年1864年。

幕府の開国政策に反対した水戸藩の浪士が「天狗党」を結成。尊皇攘夷を唱えて京都へ。

幕府はただちに沿線の諸藩に討伐を命令。 ・・・・下仁田の地で「高崎藩」と「天狗党」の戦いの歴史を振り返る。

2016年9月13日(火)の放送内容 「バットレスって?禹王碑って?」

関東の水瓶と言われるほど、県内には多くのダムが有ります。

治水や電力を造ることなど、私たちの生活には大切なダムの中には、他の理由で価値がある物があります。

そのダムとは? そしてその価値とは?・・・
2016年9月6日(火)の放送内容 「 大島の火まつり」

富岡市大島地区に伝わる伝統行事、大島の火まつり。

毎年、その年の願いを、松明(たいまつ)の炎で文字にするという。

今年は、どんな願いが暗闇に浮かび上がるのか?

2016年8月23日(火)の放送内容 「群馬にバスの礎を・・・岩崎半之助

当たり前のように現在走っている路線バス。

群馬県におけるその創生期を語るときに 忘れてならないのが、岩崎半之助さん。

群馬県の路線バス創成期に、その礎を創り上げた 岩崎半之助をご紹介します。

2016年8月16日(火)の放送内容 「トリビアミステリーツアー」

『この世には、科学を超えた不思議な出来事が確かに存在する・・・。』

県内にちらばったミステリーを探るべく、安蒜リポーターがミステリーハンター小暮淳と一緒に

県内をくまなく探検!果たして2人は無事に帰れるのか・・・っっ!

2016年8月9日(火)の放送内容 「埋められた多胡碑」

戦中戦後と人を翻弄した太平洋戦争。なんと上野三碑、とりわけ多胡碑も終戦直後、

思わぬ目にあっていたというのです。そんな「思わぬ事」とは・・・

2016年8月2日(火)の放送内容 「南牧村のパワースポット!黒瀧山不動寺」

古くから、厄除け不動として知られる、南牧村の黒瀧山不動寺。

深山幽谷にあるパワースポットの全貌に迫ります。

2016年7月19日(火)の放送内容 「消えた雲上の鉱山町」

かつて嬬恋村にあり、日本第2位の産出量を誇った小串硫黄鉱山。

標高1600メートルを超す厳しい環境下でしたが、全盛期には2000人を超す人が独自の生活を送っていました。

高度成長期の最中、数奇な運命を辿った小串鉱山は如何に・・・。

2016年7月12日(火)の放送内容 「剣聖 上泉伊勢守が伝えたかったもの・・・」

日本を代表する剣法「新陰流」の祖として、後の剣豪たちに多大な影響をあたえた、剣聖、上泉伊勢守信綱。

今も、前橋市上泉町を中心として多くの人々に愛されている、上泉伊勢守とその剣についてトリビアします。

2016年7月5日(火)の放送内容 「新田荘を支えた湧水群」

太田市西部・新田地域に存在する湧水群。

古くは新田義貞が治めていた新田荘を支え、現在も恵を与え続けています。

今回は代表的な湧水を訪ね歩き、身近な自然のトリビアに迫ります。
2016年6月21日(火)の放送内容 「世界遺産登録から2年『富岡製糸場』」

世界遺産登録・・・あの歓喜の瞬間から2年たった富岡市。

街では新しい出来事を通じて魅力を発信しようとする動きがあるらしい。

小椿リポーターが元気にリポート!

2016年6月14日(火)の放送内容 「南牧村の石に魅せられて」

県の南西、長野県との境にある南牧村。 そんな村を語るキーワードは『石』

人口わずかなこの村で かつて栄えていた産業。

そして、生活に密着した石と村の関係をトリビアします。

2016年6月7日(火)の放送内容 「自衛の剣!馬庭念流」

自衛の剣術・・・この「馬庭念流」は 他の流派とは全く違う剣術です。

今回のぐんまトリビア図鑑は この馬庭念流の技と精神にスポットを当てます!

2016年5月24日(火)の放送内容 「戦国・群馬の城シリーズ 第4弾 『歴史を変えた名胡桃城事件』」

戦国上州の城シリーズ第四弾は、みなかみ町にある「名胡桃城」をご紹介します。

著名な城ではありませんが、歴史を変えた城として、その存在は歴史の中に燦然と輝いています。

今回のぐんまトリビア図鑑では、発掘作業が終わり、幾つかの新たな事実の分かった名胡桃城の全貌をご紹介しつつ、

地元の皆さんが、どう保存に向かってきたかの話もご紹介していきます。

2016年5月17日(火)の放送内容 「戦国・群馬の城シリーズ 第3弾 『箕輪城の謎』」

戦国・群馬の城シリーズ第3弾の今回は高崎市箕郷に広がる箕輪城を探索!

箕輪城は【謎】の多い城。【箕輪】の名前の由来とは?

今回の群馬トリビア図鑑では「箕輪城語り部の会」の皆さんとその謎にせまります!

2016年5月10日(火)の放送内容 「戦国・群馬の城シリーズ 第2弾 『赤城南麓 戦国の城物語』」
時は戦国時代。

赤城山の南の麓に構えられた城は、国取りの防御線であり、前線の拠点として重要な位置にあったため、

関東の覇権を巡る、上杉や武田、北条氏たちの熾烈な戦場となっていた。

今回のぐんまトリビア図鑑は、そんな赤城山南麓を訪ね、その戦に翻弄された、山城の歴史をトリビアします。
2016年5月3日(火)の放送内容 「戦国・群馬の城シリーズ 第1弾 『難攻不落の要塞・金山城』」

太田市街地の北にそびえる金山丘陵には、戦国時代の山城「金山城」の跡が残っています。

そこには防御のための様々な仕掛けや工夫が…!

今回は難攻不落を誇った「金山城」のトリビアに迫ります。

2016年4月19日(火)の放送内容 「ぐんまは『忠臣蔵空白県』じゃない!」

「群馬県は忠臣蔵には縁がない・・・」長いこと言われてきたこの言葉。

しかし、群馬県安中市にそれを覆すものがあるという!

春を感じながら山田リポーターがはりきって調査します!

2016年4月12日(火)の放送内容 「時の忘れ物 藪塚石」

明治から大正、昭和にかけて東毛にある山あいの温泉地の一角に、一大産業を生んだもの「薮塚石」

薮塚に好景気を招いた「薮塚石」の栄枯盛衰と効能いっぱい薮塚温泉のトリビアに迫る!

2016年4月5日(火)の放送内容 「3県境のある町・板倉」

ようやく確定する「3県境」なぜ不明確のままだったのか?

付近の珍名地区「海老瀬」の意外な由来とは?

謎の多い板倉町…ともかく板倉名物「なまず」を食べてみよう!

2016年3月22日(火)の放送内容 「知られざる昭和村開拓史」

戦後間もない昭和21年。食料増産を目的に全国各地に作られた開拓地。

群馬県内にも数十箇所の開拓地が拓かれました。

開拓に入った1世の方々の貴重な証言を始めこれからの開拓地の未来まで迫ります。

2016年3月15日(火)の放送内容 「一ヶ月遅れのひな祭り?」

3月3日はひな祭り。しかし東毛地区・桐生市では「ひな祭り」を3月3日から一ヶ月遅い4月3日に行うのだとか。

なぜ一ヶ月遅いのだろうか?    そこには『あるもの』が深く関係していた・・・。

桐生の《一ヶ月遅れのひな祭り》そのわけとは!トリビア博士による「ぐんまトリビア図鑑ゼミナール」も開講!!

2016年3月8日(火)の放送内容 「町名が語る 高崎の歴史」

今年で市政116年を迎える、県内最大の商業都市、高崎。

街が姿をどんどん変えるなかで、唯一、その町名が昔の名残をとどめている。

今回は、高崎の町に付けられた名前のトリビアに迫る!

2016年3月1日(火)の放送内容 「ぶらっと前橋の旧町名めぐり」

前橋中心市街地の町名が変更されてから約半世紀、旧町名は遠い過去のものとなりつつあります。

しかしそこには、その土地の風土や営みが表されていたのです。

そこで今回は中心地旧町名の謂われを紐解いていきます。

2016年2月16日(火)の放送内容 「沼田の焼きまんじゅうと味噌の深い関係! 」

群馬県民なら誰もがお馴染みの『焼まんじゅう』!ところが沼田の人に聞いてみると・・・?

今回のトリビアは《味噌》にこだわる沼田の食文化に迫ります!!!

2016年2月9日(火)の放送内容 「病気治りますように!館林とお地蔵さん
町や村の路傍に立ち、人々の病苦の身代り、村の守護、延命、子育、開運、戦勝、災難予防など人々の生活を助け見守っているお地蔵さん。今もそれぞれの地域でお参り、愛されている地蔵尊と、江戸時代、お地蔵さんのように、病気から人々を救った人物を紹介します。
2016年2月2日(火)の放送内容 「江戸の高等数学「和算」」

群馬県民なら誰でも知ってる上毛かるたの「わ」=「和算の大家 関孝和」。 しかしその人物像を詳しく知っている人は稀。さらに「和算」とはどのような学問なのか? 今回は群馬県人なら知っているようでよくは知らない「和算」と「関孝和」のトリビアに迫ります。

2016年1月19日(火)の放送内容 「だれも知らない下仁田ネギの謎」

馴染みの「上毛かるた」、「ね」の読み札で知られる下仁田名産の下仁田ネギ・・・ 。今や、高級野菜として誰もが認めるブランドだが、 そこには私たちの知らない意外な真実が・・・。今回は、下仁田ネギのトリビアに迫る!

2016 年1月12日(火)の放送内容 「不思議いっぱい!一之宮貫前神社」
富岡市の一之宮貫前神社の祭神は、経津主神と姫大神の二神。その姫大神が降臨した菖蒲谷に建つ社殿には多くの不思議が残されている。上野国であった頃から神社の最上格であった貫前神社のトリビアに迫ります。
2016年1月5日(火)の放送内容 「最後の映写技師が語る”映画の街・高崎」

かつては娯楽の王者だった映画。 「映画祭のある街」高崎の市街地にも沢山の映画館がありました。 そんな映画を陰で支えていたのは「映写技師」。高崎で現役として最後まで活躍した映写技師・小田橋淳夫さんに、往年の思い出、「映画の街・高崎」への思いをうかがいます。

2015年12 月15日(火)の放送内容 「 お正月にお餅を食べないってホント?!」

もうすぐお正月。 冬の食べ物の定番といえば「お餅」。のりで巻いたり、お雑煮にしたりと食べ方もいろいろ! ところが、県内にはお正月に お餅を食べてはいけない地域があるのだとか・・・。果たして本当か?!その謎にせまります!

2015年12月8日(火)の放送内容 タブレットって何?奥わ鉄の旅」

かつて、わたらせ渓谷鐵道において、列車の行き来・駅間の閉塞を知らせていたのは、円盤形の手形だった。その円盤の名は、何と、今、多くの人が手にする最新ツールと同じ名前!そんな円盤をキーとして、奥わ鐵を行くトリビア散策。

2015年12月1日(火)の放送内容 「 鉄道遺産の宝庫!上毛電鉄

前橋と桐生の25.4キロを結ぶ上毛電気鉄道、通称「上電」。90年近い歴史を持ち、何と開業当時に造られた数多くの施設が今もって現役!今回は、この鉄道遺産の宝庫、上毛電鉄にスポットを当てます!

2015年11月17日(火)の放送内容 「赤土からの光・岩宿遺跡」

中学・高校の歴史の授業で、 最初に登場するのが旧石器時代の文化。その存在を証明したのは、群馬県みどり市にある岩宿遺跡。 戦後の考古学上最大の発見といわれている岩宿遺跡の価値と、最初の発見者・相澤忠洋の業績をたどります。

2015年11月10日(火)の放送内容 「 高崎を潤す幻の水路

高崎の発展を縁の下で支えながら、これまでほとんど語られることのなかった「長野堰」。その歴史は1000年前から始まるとも言われています。今も市内を流れる長野堰を、その始点“頭首工”から、農民の争いを収めることとなった“円筒分水”まで辿りながら紹介します。

2015年11月3 日(火)の放送内容 「日本近代化の父 小栗上野介」

江戸時代末期に幕府の手で建設された横須賀製鉄所(造船所)が完成して、今年で150周年。その建設の中心となった人物が小栗上野介です。 開明派の幕臣であり、逆賊の汚名を着せられ斬首された小栗にまつわる逸話を紹介しながら、ゆかりの深い高崎市倉渕町を訪ね歩きます。

2015年10月20日(火)の放送内容 「 日本のマラソン事始め秘話」

参加者たちのコスプレで、今やすっかり有名になった「安政遠足侍マラソン」。そのルーツは時の安中藩主が行った「遠足(とおあし)」。これが何と、日本で最初に行われたマラソンだという!今回は日本マラソン競技の元祖「安政遠足」を探ります。

2015年10月13日(火)の放送内容 「浅間山よ!ここがモータースポーツの聖地」

現在の自動車王国日本の礎を築いたサーキットが嬬恋村に! 1957年「全日本オートバイ耐久ロードレース」が行われた「浅間サーキット」は、その後もテストコースに使われ、名車・名レーサーを輩出。今回は、浅間サーキットで行われた貴重なレース映像と、世界を制したあの!名ドライバーに直撃インタビュー、今も残る浅間サーキットの価値・魅力をお伝えします

2015年10月06日(火)の放送内容 「 太田に、徳川将軍家のルーツがあった!

今年は江戸幕府を開いた徳川家康の400回忌。その徳川氏のルーツが太田市にあるという。今回のトリビアは、江戸時代に栄華を誇った、徳川発祥の地にスポットを当てる!

ページのトップへ

Copyright (C)  群馬テレビ株式会社  All Rights Reserved.